春・秋に大活躍。単衣の着物とは?おすすめのレンタルショップも!

着物の基礎知識

春や秋は、気温が穏やかな季節に本番を迎える着物が、単衣(ひとえ)

でも、春・秋物の着物が単衣なのは知っていても、実際帯合わせや小物選びに迷う方も多いのでは?

今回は、そんな方のために単衣着物のイロハをご紹介します。

季節で変わる着物

洋服と同じように、着物も季節によって仕立て方や素材が変わります。

大きく分けると、袷、単衣、薄物の3種類

まずはだいたい10月~翌5月まで着用される着物。裏地が付いた仕立てになっています。

そして単衣は、初夏や初秋に着用する、裏地が付いていない着物。

基本的には6月と9月に着用するものですが、最近では5月や10月でも気温が高い日が多いため、単衣の期間が長めになっています。

袷を着るか単衣を着るかは、その時の体感値で決めてOKです。

最後に薄物は、主に7月8月に活躍する盛夏用の着物。

透け感がある軽やかな生地を使ったものなので、暑い夏も涼し気な装いになります。

単衣に合わせる帯

帯は、単衣用の帯というものは売られていません。

基本的に袷用か夏帯かのどちらかを使います。

カジュアルであれば通年使える半幅帯でもOKです。

一般的に、帯は季節を早めに取り入れるのが粋でおしゃれとされています。

そのため、初夏は夏帯や、軽やかな素材や色味の帯を合わせるのがおすすめです。

一方の初秋の場合であれば、ほっこりと温かみのある風合いの袷用の帯を選ぶと季節感が出せます。

同じ単衣でも、合わせる帯によってガラリと雰囲気が変わるので、季節に応じて上手くコーディネートしてみましょう。

単衣に合わせる小物

小物は季節によって変わるものと変えなくても良いものがあります。

襦袢

まず、襦袢は袷用と夏物、どちらでもOK。

その時の気温に応じてちょうどいい方を選びましょう。

半衿・帯揚げ

半衿帯揚げは、季節に応じたものを選ぶのがおすすめ。

特に半衿は、顔の近く位置するものなので、6月頃であれば絽などの軽やかな夏物を、10月頃であれば塩瀬など袷用のものを選ぶと違和感なくコーディネートを楽しみやすくなります。

帯締め・足袋

帯締めや足袋は基本的に通年同じものでもOK。

帯締めは、透け感のある夏用も売られていますが、コーディネートに合っていれば、必ずしも夏用でなくても構いません。

足袋は、暑い時期であれば麻素材やレースものを選ぶと、見た目も履き心地も涼やかなのでおすすめです。

単衣の仕立て

単衣は、袷と違って裏地が付いていません。

そのため、透けや破れを防止するために居敷当て(いしきあて)背伏せ(せぶせ)をつけるのが一般的です。

居敷当て

居敷当てとは、腰辺りから裾に向かって縫い付けてある白い布のこと。

透け防止や補強のために、単衣や薄物の着物、夏物の襦袢などで使われます。

背伏せ

一方の背伏せは、背縫いの部分に被せて縫い付ける補強用の布のこと。

座った時など動いた時に生地に負担がかかって縫い目がほころびたり破れたりすることがあるので、それを防ぐ目的があります。

また、広衿仕立てのときは衿裏(えりうら)もつけます。

素材は絽や木綿など、表地に合わせたものを使います。

おすすめのレンタルショップ

着物を着たいけど、「自分で着付けができない」「お手入れや管理が難しそう」「値段が高くてちょっと買えない…」という方も少なくないはず。

そんな時は、レンタルで楽しむのも一つの手。

リーズナブルなお値段で、たくさんのラインナップの中から選べるので、気負うことなく存分に着物コーデを楽しめます♪

今回は、スマホでも簡単に予約できるおすすめのレンタルショップを2件ご紹介!

着物レンタリエ

岩手県一関で九代続く老舗呉服店・髙橋屋が展開する着物レンタルショップ【きものレンタリエ】

訪問着や産着、袴などを貸し出しており、特に振袖の種類が豊富!

振袖一式レンタルで14,500円~、さらに訪問着だと17点フルセットでなんと7,800円~という良心的な価格も魅力です!

着物レンタルwargo

京都・大阪・東京など全国に店舗を展開する着物レンタルサービス【きものレンタルwargo】

デザインは王道の古典柄はもちろん、アンティークや作家物など豊富なバリエーションから選ぶことができます。

しかも、WEB決済でなんと2,900円(税抜)~という良心的な価格も見逃せません!

近くに店舗がある方は、直接店頭に行って着物を手に取って選んでもOKです。