ブラウスやハイネックはアリ!?着物の和洋ミックスコーディネートのコツ9選

着物+α

こんにちは、カジュアル着物愛好家さないです!

「着物はルールは厳しい」

「間違った着方をしちゃいけない」

「きちんと着付けなきゃいけない」

そういった先入観がありませんか?

確かに、着物にはTPOに沿ったルールやマナーがあります。でも、それは洋服と一緒。

着物もTPOさえ守っていれば、カジュアルシーンでは色んなアレンジファッションを楽しむのもアリ!

そこで今回は、和洋ミックステイストにフォーカスし、コーディネートのコツをご紹介します!

※記事内のクレジット入り画像の無断転用・コピーは厳禁となります。

羽織や長着をアウターに

まず、着付けができない方でも気軽に楽しめるのが、洋服の上から羽織や着物(長着)をアウターとして使う方法。

ただし、着物の場合は裾が地面につかないよう、着丈が短いものを選ぶのがおすすめです。

帽子をかぶっておしゃれ度UP

photo by Chie Sanai

帽子も手軽に和洋ミックス感を出せる方法のひとつ。

夏であればカンカン帽やストローハット、冬はハットやベレー帽などを合わせてみましょう。

ブラウスやハイネックを合わせる

photo by: chie sanai

着物+襦袢がスタンダードですが、カジュアルシーンであれば、着物の下にブラウスやハイネック・パーカーなどを合わせるのもオシャレ。

特に寒い時期は防寒にもなるのでおすすめです。

プチプラで楽しめるリサイクル&アンティーク着物の上手な選び方
こんにちは、カジュアル着物愛好家さないです!洋服でも古着があるように、着物にもリサイクルやアンティークの着物があります。呉服屋さんで新品を購入するのとはまた違った楽しみ方があるので、着物初心者から上級者の方まで幅広く親しまれています。今回...

帯がなくてもOK!ボトムスにスカートをON

photo by: chie sanai

袴のような感覚で、スカートをコーディネート。

帯を巻かなくてもいいし、着丈の短い着物も気にせずに着ることができます。

帯締めの代わりにベルトやリボンを

photo by: chie sanai

半幅帯や兵児帯のように、本来帯締めナシでも結べる帯では、ベルトやリボン、チェーンなどを合わせる方法も。

帯締めを使う場合でも、2本使ってみたり、あえてねじってみたりとつけ方をアレンジするだけでも個性を出すことができます。

帯揚げや帯締め、帯板…。和装小物一覧を大公開!
帯揚げや帯締め、帯留め、足袋、草履などといった和装小物は、まず最初にそろえておきたいところ。それぞれ一体どんな役割を持っているのでしょうか?着付けのやり方や着物のたたみ方も動画でしっかりチェックしておきましょう!

帯留めの代わりにブローチを使う

photo by: chie sanai

ブローチなどのアクセサリーを帯留め代わりに使うのもOK。

帯締めに通すための金具だけ別売りされているので、それと組み合わせて帯留めを作れば、楽しみの幅も広がるはずです。

さらに、アクセサリーに限らず、かわいい箸置きなどでアレンジする方法もあるので、自分だけのオリジナル帯留めを作ってみては?

ネックレスをプラスして華やかに

photo by: chie sanai

さらに、華やかさを出したいときは、アクセサリーの出番。

ネックレス、チョーカー、ブレスレットなどコーディネートに合わせてプラスしてみましょう。

足元はブーツやヒールでもOK

photo by Chie Sanai

ブーツやヒール、スニーカーなどの洋装の靴を合わせると、まるで着物をワンピース感覚で楽しんでいるような印象に。

靴を履くときは足元がスッキリと見えるように、着物は短めに着付ける方がおすすめです。

【保存版】カジュアル着物の種類とは?おすすめのレンタルショップもご紹介☆
普段着として気軽に楽しめるカジュアル着物。江戸小紋や小紋、ウール、木綿、紬、ポリエステルといった定番のカジュアル着物の特徴やコーディネートのポイントなどを一挙にご紹介します!

着丈が短い着物も”見せる裾よけ”で着こなす!

photo by Chie Sanai

最近は、裾にプリーツやレースがあしらわれている裾よけも販売されています。

あえて着物の裾から覗かせることで、カジュアル感がUP。

いつもより短めに着付けるので、いつもは着丈が足りなくて着れなかった着物にもトライしやすくなります。

見せる裾よけの代わりに、手持ちのロングスカートを着用する方法もアリ。

>>ミセル裾よけホムシュヘム公式サイトへ

まとめ

和洋ミックスは、着物をよりファッションとして楽しむための方法のひとつ。

カジュアル着物はあくまで普段着。

必要以上にルールに縛られることなく、個性を表現する方法のひとつとしてぜひ楽しんでみてください!

ちなみに和洋ミックスコーデはnote.でも公開しているので、参考にしていただけると嬉しいです😍