ブラウスやハイネックはアリ!?着物の和洋ミックスコーディネートのコツ7選

着物+α

こんにちは、カジュアル着物愛好家さないです!

「着物はルールは厳しい」

「間違った着方をしちゃいけない」

「きちんと着付けなきゃいけない」

そういった先入観がありませんか?

確かに、着物にはTPOに沿ったルールやマナーがあります。でも、それは洋服も同じ。

着物もTPOさえ守っていれば、カジュアルシーンでは色んなアレンジファッションを楽しむのも全然アリです!

そこで今回は、和洋ミックスにフォーカスし、コーディネートのコツをご紹介します!

※記事内のクレジット入り画像の無断転用・コピーは厳禁となります。

羽織を洋服のアウターに

銘仙の羽織

着付けができない方でも気軽に楽しめるのが、洋服の上から羽織をアウターとして着る方法です。

洋服でいうカーディガンのような役割がある羽織。様々な色柄がありますが、個人的におすすめなのは黒羽織。シンプルなので洋服にもなじみやすく、コーディネートしやすいと思います。

黒羽織

羽織はお仕立て品や既製品でもOKですが、より気軽に楽しみたいならリサイクルやアンティークがおすすめ。

比較的手ごろな価格で手に入れることができるうえ、現代ではあまり見られない柄行のものや1点ものと出会えます。

リサイクル羽織や着物を選ぶ時のポイントとは?>>

【主なリサイクル着物店】
雅星本店
Kimono-Shinei 2号店
リサイクルきもの福服
たんす屋
など

帽子をかぶっておしゃれ度UP

photo by Chie Sanai

帽子を被る和洋ミックスコーデは、明治時代にはすでに行われており、特に男性の間で流行していました。

特に紬や木綿、ウールなど、カジュアル感の強い着物と相性抜群。

夏であればカンカン帽やストローハット、冬はハットやベレー帽などを合わせてみましょう。

銘仙 
photo by Chie Sanai
名古屋帯 ベレー帽
photo by Chie Sanai

ブラウスやハイネックを合わせる

photo by: chie sanai

着物+襦袢がスタンダードですが、カジュアルシーンであれば着物の下にブラウスやハイネック・パーカーなどを合わせるのもオシャレ。

特に寒い時期は防寒にもなります。

和装時の効果的な防寒方法とは?>>

photo by: chie sanai

↑の写真は、インナーだけでなくアウターも洋服用のもの(ブランド「JEANASIS」)。袖や襟周りに余裕があるものを選べば、和洋兼用で使えます。

photo by Chie Sanai

私の場合、ボトムスは裾除け、もしくはペチコートを利用しています。

また、着物の下にワンピースを合わせてもOK。長襦袢のように上下をカバーできるので、着付けをさらに簡略化できます。↓の記事で詳しく紹介しているので、興味のある方はぜひチェックしてみてください!

帯がなくてもOK!ボトムスにスカートをON

紬 カジュアル着物 スカート 和洋折衷
photo by Chie Sanai

帯×スカートのコーディネート。

帯を巻かなくてもいいし、着丈の短い着物も気にせずに着れるというメリットがあります。

ふんわりとしたプリーツスカートやフレアスカートに、太めのベルトなどでウエストマークを取り入れれば、まるで袴のような着こなしに♪

スカートを活用した着こなしは、↓の記事でも詳しく紹介しています。

帯締めの代わりにベルトやリボンを

photo by: chie sanai

半幅帯や兵児帯のように、本来帯締めナシでも結べる帯では、ベルトやリボン、チェーンなどを合わせる方法も。

帯締めのように結ぶ手間が省けるので、時短にもなります。

photo by Chie Sanai

ネックレスをプラスして華やかに

photo by: chie sanai

より華やかさを出したいときは、アクセサリーの出番。

ネックレス、チョーカー、ブレスレットなどコーディネートに合わせてプラスしてみましょう。

足元はブーツやヒールでもOK

photo by Chie Sanai

ブーツやヒール、スニーカーなどの洋装の靴を合わせると、まるで着物をワンピース感覚で楽しんでいるような印象に。

靴を履くときは足元がスッキリと見えるように、着物は短めに着付ける方がおすすめです。
そのため、着丈が短いリサイクルやアンティークの着物を着るときに、あえて靴を合わせるのもいいと思います。

photo by YUKI NISHIMOTO
【保存版】カジュアル着物の種類とは?おすすめのレンタルショップもご紹介☆
着物というと礼装のイメージが強い方も多いかと思いますが、洋服と同様着物にも普段着がきちんとあるんです。けれども、カジュアル着物と一口にいってもその種類はさまざまで、ものによって格が異なります。では、具体的にどんな種類があって、それぞれどの...

カジュアル着物はあくまで普段着。

必要以上にルールに縛られることなく、個性を表現する方法のひとつとしてぜひ和洋ミックスコーデを楽しんでみてください♪

PAGE TOP