【浴衣のお手入れ】クリーニングは出した方がいい?洗い方もチェック

お手入れ・HOW TO

こんにちは、カジュアル着物愛好家さないです!

せっかく買った浴衣をキレイな状態で長持ちさせるには、着た後のお手入れと保管の仕方が大事。

そこで今回は、浴衣のお手入れ方法をまとめてみました♪

浴衣を脱いだ後はハンガーに干す

脱いだ後は、帯も浴衣もハンガーにかけて陰干ししておきましょう。

すぐにしまってしまうと、湿気が残って、シミや黄変などの原因になってしまいます。

洗濯は必ずしも毎回する必要はありませんが、シーズンが終わったら、着物や浴衣専門のクリーニングに出しておくのがおすすめです。

浴衣を自宅で洗濯するときは手洗いコースで

汚れが気になった時は、自宅で洗濯も可能。

手洗いが理想ですが、洗濯機の手洗いコースでもOKです。

汚れやシミがついてしまった場合は、汚れやシミの種類に合った方法で対応します。

ちなみに、漂白剤を使ったり、つけおきしたりするのは基本的にNG。

浴衣によっては色落ちしてしまう場合もあるので、気を付けましょう。

また、ぬるま湯やお湯で洗うと、縮んでしまったりする場合があるので水で洗った方が無難です。

※漂白剤を使わなくても多少色落ちする場合があるので、単独で洗うのがおすすめ
※麻や絞りなどといったデリケートな素材のものは、自宅で洗わずクリーニングに出すのが無難です。

干すときは陰干しで

脱水後は、シワにならないようにすぐに干します。

できれば脱水をせず、手で絞って干すのがおすすめ。

乾くのに時間はかかりますが、シワを防ぐことができます。

そして、干すときは日に当たると色褪せの原因になってしまうので、風通しの良い場所で陰干しします。

通常のハンガーに干しても構いませんが、型崩れを防ぐために着物用ハンガーを使うのがおすすめです。

また、アイロンはかけなくてもOKですが、シワが気になる時はかけてもOK。

ただし、素材によっては当て布が必要だったりするので、取り扱い表示をきちんと確認して対応するようにしましょう。

浴衣の保管方法

基本的にはたとうし紙に入れて保管します。

たとう紙がない場合は、プラスチックの衣装ケースなどに、キレイにたたんで入れてもOKです。

また、湿気があるとカビやシミの原因になるので、乾燥剤を入れておくのがおすすめです。

防虫剤を入れる場合は、複数種類のものを入れてしまうとこれも変色などに繋がるので、必ず1種類にしましょう。

木綿や化繊素材が多い浴衣は、着物に比べるとお手入れしやすく、洋服感覚で保管が可能。

最低限のポイントさえ押さえておけば、ダメージレスで長く楽しむことができるはずです。

上手にケアをして、ぜひお気に入りの着物を長持ちさせましょう♪