着物のオシャレに寒さ対策!おすすめの防寒方法5選

着物+α

着物は一見暖かそうに見えますが、意外と風通しが良い作りになっているので秋冬の防寒対策は必須!
そこで今回は、防寒しながらオシャレに着物を楽しむための方法やおすすめのアイテムをご紹介します★

アウターで防寒対策!

もっともスタンダードな防寒対策は、アウターを取り入れること。

カーディガン感覚で着れる羽織や、フォーマルでも着用できる道行、さらに真冬には和装用のコートやケープ、ポンチョなどがあります。これらは単に防寒対策というだけでなく、洋服と同様コーディネートの楽しみも。

特に羽織は色柄のバリエーションが豊富なので、着物にあわせて個性を発揮できます。

羽織と道行、道中着の違いって?着物にあわせたいアウターの基本
洋服同様、着物にも“羽織もの”と呼ばれるアウターがあります。けれども、種類がいくつもあるので、どれを選べばいいのか迷ってしまうことも多いはず。今回は、そんな“羽織もの”の基礎知識をご紹介します!羽織もののメリット(...

保温効果の高い足袋を履く

足元を温めるだけでもグッと寒さは和らぐもの。特に足元が露出する草履は足袋の選び方次第で体感温度も大きく変わります。

▲「ゑびす足袋」ふわモコキャラコ足袋

↑のアイテムは、見た目もかわいいふわモコなキャラコ足袋
暖かさはもちろん、クッション性もあるので、履いた時の心地よさは感涙ものです。
他にも、ウールやベロア、フリースなど様々な素材のものがあります。

「ゑびす足袋」ふわモコキャラコ足袋をもっと詳しく見る>>

洋装用のストールやマフラーを使ってもOK

着物は衿元が空いているので、ストールやマフラーを巻くのも防寒に効果的。和装用のものもありますが、小物系は和洋兼用でも問題ありません。気温に応じてコートや羽織とも組み合わせながら、オシャレを楽しんでみましょう♪

インナーウェアで寒さをしのぐ!

防寒機能に優れた半襦袢やステテコ、着物スリップを利用するのも一つの手。着物用でなくても、ユニクロのヒートテック下着など、保温・防寒機能のある洋服用のインナーウェアでもOKです。ただし、トップスに洋服用の防寒下着を身につける場合、衣紋から下着が見えないよう襟ぐりが深いものを選ぶと良いでしょう。

ただし、途中で暑くなってしまった時に簡単に脱ぐことができないのでご注意を!

カイロを忍ばせる

定番ですが、やっぱりカイロは寒い季節の必需品。襦袢などインナーに貼るカイロを貼り付けてもいいですが、途中で外せなかったり帯を巻いた時に違和感を感じることがあるため、帯の間などに忍ばせておくのがおすすめです。

万全の防寒対策で寒い日も和装を楽しんで

和装に防寒アイテムを取り入れれば、寒さ対策はもちろん、アイテムが加わることでオシャレ度が増すことも。

上手に取り入れて、快適な着物ライフをぜひ楽しんでください!

PAGE TOP