洋服感覚で着れる♪ウールの着物の基本&コーディネートまとめ

着物の基礎知識

今回は、カジュアル着物のひとつとして人気のウールの着物にフォーカス♪

洋服感覚で気負わずに着れるうえ、素材的に洋服ともなじみやすいので、和洋ミックスコーデ好きさんには特におすすめの着物です。

今回は、そんなウールの着物の魅力をお届けします★

ウールの着物とは?

昭和に流行した普段着のひとつで、その名の通りウール素材で作られた着物のこと。

ほっこりとした温かみのある風合いが特長で、絣模様やドット、幾何学などさまざまな柄のものがあり、ワンピースのような感覚で楽しめます。

ウールの着物は、紬や木綿の着物と同様カジュアル向けのものになるので、結婚式などフォーマルなシーンに着ていくのは、基本的にNGです。

ウールの着物のメリット

シワになりにくく、洋服のウールと同様自宅で洗濯ができるので、お手入れが楽♪

また、絹よりもリーズナブルなので、購入しやすい点もメリットです。

ウールの着物のデメリット

ウールは虫に食われやすいので、保管時は防虫剤がマスト

そのため、本来虫に食われにくい絹の着物とは別々に保管することをおすすめします。

全部単衣仕立て!?着れる季節とは

ウールの着物

ウールの着物は裏地の付いていない単衣仕立てになっているのが基本。

けれども、通常の単衣の時季(6月・9月頃)だけでなく、初秋から春にかけて3シーズン楽しむことができます。

帯は名古屋帯や半幅帯を

名古屋帯(※着物は木綿)

ウールの着物は普段着として着用するものなので、帯もカジュアル向けの名古屋帯や洒落袋帯、半幅帯を合わせます。

ウールの着物はどこで買える?

デパートなどに入っているような高価な着物を扱っている呉服屋さんでは、ウールの着物を扱っているのはほとんど見たことがありません。

カジュアル着物をメインで扱っている着物ショップや、リサイクル着物ショップ、ネットなどの方が見つかりやすいかと思います。

特に私は岡山のアンティーク・リサイクル着物ショップの雅星本店さんや、大阪のさく研究所さんでよくチェックしてます♪

ウールの着物コーディネートまとめ

最後に、ウール着物のコーディネート例をいくつかご紹介!
2020年9月時点ではウール着物は3着しか持っていないのでレパートリー少なめですが、参考までにぜひ♪

格子柄のウール着物×レースの半幅帯

↑春先のコーデ。淡い色の半幅帯を合わせて軽やかに。

格子柄のウールの着物×半幅帯

↑一方でこちらは秋口のコーデ。濃いめのカラーとクラシックテイストのベルトで温かみを出してみました。

花柄のウールの着物×半幅帯

↑着物の柄のインパクトが大きいので、帯や小物はシンプルに抑えています。

花柄のウールの着物×名古屋帯

↑ヴィンテージ感のある小花柄のウールには、差し色に明るいオレンジの帯を合わせてメリハリをプラス。

*************
絹とはまた違ったテイストで和装を楽しむことができるウールの着物をご紹介しましたが、いかがでしたか?

お手入れも楽で着付けもしやすいので、着物初心者さんにもおすすめです♪

気になった方はぜひトライしてみてくださいね(‘ω’)b