着物や帯を買うならどこで買う?主な購入方法4選

着物+α

一昔前までは、着物といえば呉服屋さんで対面で買うのが一般的でした。

けれども、今はツールも増えて購入ルートはさまざま。

そこで今回は、着物や帯の主な購入方法とそれぞれのメリット&デメリットをお届けします♪

呉服店

メリット:プロのアドバイスを受けられる

まずもっとも一般的なのは、呉服屋さん。

店舗にもよりますが、職人さんが手掛けた非常に高価なものから、初心者向けの手頃なプレタの着物まで幅広く取り扱っています。

経験豊富なスタッフが接客してくれるので、分からないことを聞きながら商品を選びたいという方、また自分サイズの着物を仕立てたいという方にはおすすめです。

主な呉服店
一蔵
さが美
きものやまと
東京ますいわ屋
千總
ゑり善
銀座もとじ
・百貨店(高島屋・三越など)
など

デメリット:敷居が高く感じる

格式の高さを感じさせるような店構えの店舗も多いので、少し敷居が高く感じるかもしれません。

また、最近は減ってきた印象がありますが、中には若干押し売り感が強い店もあり、想定より高いものや好みでないものをすすめられ、初心者の場合は断るのに苦労することも。

自分が信頼できる呉服屋さんを見つけることも大切かもしれません。

一方で、昔ながらの呉服店よりカジュアルな雰囲気のショップもあります。

こちらは価格も比較的手ごろなものも多く、洋服のお店に立ち寄るような感覚で気軽に入れるはず。

2.アンティーク / リサイクル着物店

3,000円で購入したリサイクルの小紋(正絹)

メリット:驚きの低価格で着物を楽しめる!

洋服でも古着屋があるように、着物にもリサイクル着物店があります。

その魅力は何といっても価格が安いこと!

安いものであれば、数千円で手に入ることも。基本的に仕立て済みのものが多いので、上乗せで仕立て代がかかることもありません。

また、今ではあまり売られていないようなデザインや、一点もののアイテムが見つかる点もメリット♪

主なリサイクル店
たんす屋
福服
雅星本店
うさぎ小町 
Kimono-Shinei 2号店
など
 

リサイクル着物店以外でも、フリーマーケットや骨董市などのイベントで、思わぬ掘り出し物が手に入ることもあります。

デメリット:ダメージに注意

リサイクルのためサイズが合わなかったり、シミや汚れがついたりしているものも。

購入する際は値段やデザインだけでなく、商品の状態もしっかり確認しておくことがマストです。

プチプラで楽しめるリサイクル&アンティーク着物の上手な選び方
洋服でも古着があるように、着物にもリサイクルやアンティークの着物があります。呉服屋さんで新品を購入するのとはまた違った楽しみ方があるので、着物初心者から上級者の方まで幅広く親しまれています。今回は、そんなアンティーク&リサイクル着物の魅力...

3.オンラインショップ

メリット:スマホやPCで手軽に買える

新品・リサイクル問わず、実店舗だとちょっと敷居が高くて入りにくいと感じる方や、近くにお店がないという方でも手軽に購入できるのが、ネットショップ。

各ブランドの直販サイトはもちろん、楽天やAmazon、Yahoo!ショッピングなどでも購入できます。

また、最近ではインスタなどのSNSやフリマアプリで手に入れるという人も多いです。

<主なネットショップ>
こまものや七緒
京都きもの町
TSUBAKIAN STORE
・minne、Creemaなどハンドメイド
など

デメリット:実物をイメージしづらい

実際に現物に触れているわけではないので、生地感や色合い、サイズ感が分かりにくいという難点があります。

今回ご紹介した購入方法は、どれも着物を楽しむための有効な手段。

予算や欲しい着物の種類などによって上手く使い分け、充実した着物ライフを満喫しましょう!

PAGE TOP