着物を買うならどこで買う?主な購入方法4選

着物+α

こんにちは、カジュアル着物愛好家さないです!

一昔前までは、着物といえば呉服屋さんで買うのが一般的でした。

けれども、今はツールも増えて購入ルートはさまざま。

そこで今回は、着物の主な購入方法とそれぞれのメリット&デメリットをお届けします♪

1.呉服屋

メリット:プロのアドバイスを受けられる

まずもっとも一般的なのは、呉服屋さん。

個人的にはあまり王道の呉服屋さんってあまり行かないんですよね、、、(笑)

店舗にもよりますが、職人さんが手掛けた非常に高価なものから、初心者向けの手頃なプレタの着物まで幅広く取り扱っています。

経験豊富なスタッフが接客してくれるので、分からないことを聞きながら商品を選びたいという方、また自分サイズの着物を仕立てたいという方にはおすすめです。

デメリット:敷居が高く感じる

想定より高いものをすすめられた場合に断りにくかったりと、初心者にとっては少し敷居が高く感じるかもしれません。

主な呉服店
一蔵
さが美
きものやまと
ふりふ
大塚呉服店
など

2.リサイクル

3,000円で購入したリサイクルの小紋(正絹)

メリット:驚きの低価格で着物を楽しめる!

洋服でも古着屋があるように、着物にもリサイクル着物店があります。

その魅力は何といっても価格が安いこと!

安いものであれば、数千円で手に入ることも。基本的に仕立て済みのものが多いので、上乗せで仕立て代がかかることもありません。

私はプチプラで色んな着物を着たい派なので、マイワードローブはほぼリサイクルで埋め尽くされています(笑)

また、今ではあまり売られていないようなデザインや、一点もののアイテムが見つかることもあるのもメリット♪

リサイクル着物店以外でも、フリーマーケットや骨董市などのイベントで、思わぬ掘り出し物が手に入ることもあります。

デメリット:ダメージに注意

リサイクルのためサイズが合わなかったり、シミや汚れがついたりしているものも。

購入する際は値段やデザインだけでなく、商品の状態もしっかり確認しておくことがマストです。

主なリサイクル店
たんす屋
福服
雅星
 
プチプラで楽しめるリサイクル&アンティーク着物の上手な選び方
こんにちは、カジュアル着物愛好家さないです!洋服でも古着があるように、着物にもリサイクルやアンティークの着物があります。呉服屋さんで新品を購入するのとはまた違った楽しみ方があるので、着物初心者から上級者の方まで幅広く親しまれています。今回...

3.オンラインショップ

ネットショップで購入した木綿の着物

メリット:スマホやPCで手軽に買える

オンラインショップは、私もかなり御用達♪

実店舗も構える呉服屋やリサイクル店が展開するオンラインショップもあるので、お誂えからプレタやリサイクルまで幅広いアイテムから選ぶことができます。

そのため、呉服屋だとちょっと敷居が高くて入りにくいと感じる方や、近くにお店がないという方でも、手軽に購入可能。

また、最近ではインスタなどのSNSやフリマアプリで手に入れるという人も多いです。

デメリット:実物をイメージしづらい

実際に現物に触れているわけではないので、生地感や色合い、サイズ感が分かりにくいという難点があります。

<主なネットショップ>
京都きもの町
こまものや七緒
メルカリ
など

4.ハンドメイド

メリット:新品を低価格でゲット

帯や和装小物類であれば、ハンドメイドも見逃せません!

一般的な呉服屋さんなどではあまり見られないデザインのものがあったり、ハンドメイドならではの手ごろな価格でゲットできたりすることもあります。

デメリット:品数や品質に懸念あり

他の購入方法と比べると全体の品数としては少なく、ものによって品質にバラつきがあるものも。

また、ネット購入同様アプリやSNSで手に入れる場合は現物を確認できないことが多いので、色合いや生地感が分かりにくいというデメリットがあります。

<主なハンドメイドアプリ>
minne
Creema
など

レンタルショップもおすすめ!

最後に、着物を着たいけど「自分で着付けができない」「お手入れや管理が難しそう」「値段が高くてちょっと買えない…」という方のためにレンタルショップもご紹介。

リーズナブルなお値段で、たくさんのラインナップの中から選べるので、気負うことなく存分に着物コーデを楽しめるレンタルショップを2件をピックアップしました♪

老舗呉服店が展開する「着物レンタリエ」

岩手県一関で九代続く老舗呉服店・髙橋屋が展開する着物レンタルショップ【きものレンタリエ】

訪問着や産着、袴などを貸し出しており、特に振袖の種類が豊富!

振袖一式レンタルで14,500円~、さらに訪問着だと17点フルセットでなんと7,800円~という良心的な価格も魅力です!

豊富なバリエーションが魅力!「wargo」

京都・大阪・東京・金沢に全国19店舗を展開する【きものレンタルwargo】

デザインは王道の古典柄はもちろん、アンティークや作家物など豊富なバリエーションから選ぶことができます。

しかも、WEB決済でなんと2,900円(税抜)~という良心的な価格も見逃せません!近くに店舗がある方は、直接店頭に行って着物を手に取って選んでもOKです。

今回ご紹介した購入方法は、どれも着物を楽しむための有効な手段。

予算や欲しい着物の種類などによって上手く使い分け、充実した着物ライフを満喫しましょう!