【色無地はいつ着る?】あわせる帯や格、カジュアルで着れるかも解説

色無地 着物 着物の基礎知識

セミフォーマルからカジュアルまで幅広いシーンで使える色無地

幅広く使えるからこそ、逆にどこまで着て行っていいのか迷ってしまうことも。そこで今回は、色無地を着ていくことができるシーンや合わせる帯、小物など色無地の基本をご紹介します!

※本ページにはプロモーションが含まれています

色無地とは?色無地の格もチェック

色無地とは、黒以外で染められた一色染めの着物のこと。正絹が一般的ですが、最近ではポリエステルのものも多く見られます。

正絹と化繊の着物の違いとは?>>

色無地の格は、一般的に訪問着や付下げよりも下で、江戸小紋と同じくらい。

ちょうどフォーマルとカジュアルの中間に位置しており、色や紋の数、合わせる帯や小物によってセミフォーマルからカジュアルまで、さまざまなシーンで着用することができます。

色無地の地紋

色無地は無地一色染めの着物ですが、生地自体に柄が施されているものがあります。この柄を地紋(じもん)といいます。

無地だからこそ、地紋によって雰囲気が大きく変わります。
地紋が入っていないシンプルなものはややカジュアル感が強くなり、地紋が入っているものだとフォーマルシーンに映える華やかな印象に。

地紋の中でも、例えば縫取り縮緬と呼ばれるものはさらに豪華な雰囲気になるので、結婚式などの慶事の場におすすめ。縮緬生地に金糸や銀糸などを使って模様を縫取ったもので、婚礼の打掛などの礼装や訪問着などにもみられます。

紋は一つ紋が主流

色無地は、紋を入れると格が上がり、礼装としての役割も果たします。特に格の高い紋である染め抜きの三つ紋であれば準礼装、染め抜き一つ紋であれば略礼装に。ただし、格が高すぎて着用シーンが限定されてしまうので、幅広いシーンで楽しみたい場合は、着物と同色の糸で縫った縫いの一つ紋を入れると良いでしょう。

【着物の紋の種類や技法】紋の位置や格の違いとは?
黒留袖や訪問着などの礼装・準礼装に欠かせない紋。一体どのような意味やルールがあるのでしょうか?今回は紋の位置や格の違いについてご紹介します。※本ページにはプロモーションが含まれています」格の高い着物には紋がつく...

色無地はいつ着る着物?どの帯をあわせる?

色無地を含む各着物の着用シーンは、以下が目安になります。

着物の格
参考:『着物のイロハ事典』成美堂出版

それぞれのシーンで色無地がどのように活躍するのか、詳しく見ていきましょう!

結婚式に参列

一つ紋以上の色無地であれば、結婚式での着用もOK。三つ紋だと格が高すぎて見える場合があるので、一つ紋のにした方が無難です。ただし、親族として参加する場合は、黒留袖、色留袖、振袖といった第一礼装が一般的です。

色無地は、紋が入っていれば準礼装として結婚式で着用することができます。

ただ上司の立場の場合、色無地は柄がないだけにどうしても格を印象づけにくい着物です。さらに上の立場の上司がいる場合や、新郎新婦と年齢の近い上司の場合に選ぶと良いでしょう。帯合わせで格を出すのは、友人の場合と同様です。

後輩であれば、控えめで好印象を与えるため訪問着や付下げと並ぶ選択肢となります。

きものと

ただし、最近は結婚式のスタイルもさまざまで一概に言えないこともあるので、その式の格式や参列者の雰囲気に合った装いを心がけることがポイントです。

▼結婚式で色無地にあわせる帯

袋帯

七五三・入卒式

シンプルな色無地は主役の子どもを引き立たせ、上品な印象を与えることができるでしょう。

入学式などのお祝い事では明るい色に袋帯を合わせます。暗い色や名古屋帯は凶事に着用するもののため控えましょう。

VASARA

親として参加する入学式や七五三、お宮参りなどの場合は、結婚式より少し控えめなコーディネートが無難。帯も金糸銀糸が入った袋帯が基本ですが、主役はあくまでお子さんになるため、あまり華やか過ぎないあっさりとしたデザインのものがよいでしょう。

また、紋は三つ紋以上だと格が高過ぎてしまうので、一つ紋もしくは紋なしでもOKです。

▼七五三や入卒式で色無地にあわせる帯

袋帯

パーティーや観劇、目上の方との食事会など

少しオシャレして臨むようなパーティーや観劇、初釜、目上の方との食事会など、礼装まではいかないものの、ある程度服装をわきまえた方がよいシーンでも、色無地は活躍してくれます。

パーティーなど少し華やかな場であれば、縫いの一つ紋、もしくは紋なしで、金銀糸が入った華やかな袋帯を合わせるとよいとされています。


もう少しカジュアルな観劇や食事会は、紋なしの色無地に上品な雰囲気の名古屋帯でもOKです。

▼パーティーや観劇、目上の方との食事会など色無地にあわせる帯

袋帯

美術館や友人との食事、ショッピングなど

目上の方など立てる人がいない気軽なシーンでは、基本的に自分の好きなような装いでOK。金糸銀糸の入っていないカジュアルな雰囲気の名古屋帯、洒落袋帯、京袋帯などを合わせます。

紋が入っていると格が高くなりすぎて逆に仰々しくなってしまうので、基本的に紋入りの色無地はカジュアルシーンでは避けたほうが無難です。

▼美術館や友人との食事、ショッピングなどで色無地にあわせる帯

帯の種類のより詳しい説明はこちらをチェック>>

色喪服

「紫」「緑」「藍」「鼠(ねずみ)」系などのシックな色無地は、急な弔問や三回忌以降の法事で着用する色喪服(略式の喪服)として着ることもできます。慶弔両用で使いたい場合、地紋は「流水文」「紗綾形文」「網代文」「雲文」「波文」など有職文様のものを選ぶと良いでしょう。

色無地を選ぶときのポイント

色無地は、シンプルが故にどれを選んだらいいのか、どの色が自分に似合うのか迷ってしまうことも。ここからは、色無地を選ぶときのポイントを3つご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

着て行くシーンで選ぶ

色無地を選ぶ際のポイントのひとつが、着用シーン。

紋を入れてセミフォーマル用として着用したいなら地紋が入った華やかな雰囲気のものを、カジュアル用として着用したいなら地紋なし、あるいは控えめなシンプルなものを、色喪服としても着たいならシックな色味のものなど、あらかじめ着用シーンを想定しておくとスムーズに決めやすくなります。

パーソナルカラーで選ぶ

色無地は一色染めであるが故に、色や素材感によって顔映りの良し悪しが出やすくなります。そのため、実際に現物を肩にのせて雰囲気を確かめながら選ぶのがおすすめです。

一方で、ネットなどで現物を見ずに購入する場合は、パーソナルカラーを参考にするのもよいでしょう。パーソナルカラーは、その人が持つ髪や肌、目の色などをもとに大きく4パターンにカテゴライズし、似合う色を導き出す手法のひとつ。

パーソナルカラー診断は呉服店などのイベントで開催されているほか、簡易的なものであればオンラインでもできるので一度試してみては?

<ネットでできるおすすめの簡易診断>

素材で選ぶ

色無地の素材には主に正絹とポリエステルの2種類があります。それぞれ風合いや着心地などが異なるため、好みに合ったものを選んでみましょう。

メリットデメリット
・肌当たりがよい
・絹ならではの光沢感
・保温性、吸湿性、放湿性に優れている
・水や日光に弱い
・自宅で洗濯不可
ポリエステル・自宅で洗濯ができる
・水や日光、汚れ、に強い
・シワになりにくい
・手ごろな価格で購入できる
・通気性が悪いものが多い
・ものによっては安っぽく見える
正絹と化繊の着物の違いとは?それぞれのメリット&デメリットを解説!
振袖や訪問着・小紋など、着物の生地でよくみられる正絹と化繊。一見すると大差のないように思えるかもしれませんが、それぞれにメリット・デメリットがあるんです。正絹と化繊 の特長を知って、用途に応じて上手に使い分けてみましょう!※本ペー...

あわせる小物

最後に、色無地にあわせる小物をセミフォーマルシーンとカジュアルシーンに分けてご紹介します。

セミフォーマルシーンの小物

結婚式や格の高いパーティー、七五三や入学式などに着ていく場合は、全体的に白や淡い色味の小物でまとめるのが一般的。バッグや草履、帯締め、帯揚げは礼装用セットでも販売されています。

長襦袢白、もしくは淡い色のもの
半衿白。セミフォーマルであれば刺繍ありも可。
伊達衿つけてもOK
帯揚げ・帯締め淡い色のもの
足袋
草履淡い色でかかとが高いもの

セミフォーマルシーンに着ていくなら一式レンタルもおすすめ

セミフォーマルとして着る場合は、相手に失礼のない装いにする必要があり、また写真に残ることが多いので、着物や帯はもちろん、小物のコーディネートもキレイに整えておきたいところ。そのため、一式レンタルで揃えてしまうのも一つの手です。

カジュアルシーンの小物

友人との食事や気軽な街歩き、美術館巡りなどカジュアルで着る場合は、何をあわせてもOK。格が合わない礼装向けのもの以外であれば、着物や帯の雰囲気にあわせてオシャレを楽しんでみましょう。

長襦袢白、もしくは淡い色のもの。木綿などカジュアルテイストのものであれば濃い色でも可
半衿白や淡い色、カジュアルな色無地であれば濃い色柄でも可
帯締め・帯揚げ好きなものでOK
足袋基本的には白。カジュアルであれば色柄でも可。
草履かかとが高い礼装用以外のものであればOK。

カジュアル着物についてのさらに詳しい解説はこちら!>>


色無地は、フォーマルからカジュアルまで幅広く活用できる万能な着物。用途に合わせて自分にぴったりのものをセレクトして、色無地の世界を楽しんでみてください!

PAGE TOP