小紋の着物ってどんな着物?江戸小紋との違いとは?

着物の基礎知識

カジュアル着の代表的な着物といえば、小紋(こもん)

でも、どの着物のことを指すのか実際よくわからないという人も少なくないはず。

また、似たものに江戸小紋もありますが、その違いとは一体何なのでしょうか?

今回は、そんな小紋について解説します!

小紋の特長とは

素材は絹が一般的

まず1つ目の特長が素材です。

小紋の素材は絹が基本。最近ではポリエステルのものもありますが、小紋ではなくポリエステルの着物として分類されることもあります。

同じカジュアル着物でも紬や木綿の着物がありますが、これらは小紋とは呼ばず木綿の着物と呼ばれます。

小紋と紬・木綿の着物の大きな違いは、染め方。

小紋は生糸をそのまま白い状態で織って、反物にしてから絵柄を施していく後染めの着物

一方で紬や木綿は、先に糸を染めてから、織りによって柄を出していく先染めの着物です。

着物は後染めの着物の方が格が高いとされるため、紬や木綿より小紋の方が一般的に格上になります。

同じ柄が繰り返されたデザイン

同じ絹でも、フォーマル着の訪問着や振袖などもありますが、その違いはどこにあるのでしょうか?

ポイントになるのが、デザインです。

小紋は、同じ柄が繰り返し描かれているのが一般的です。

縞模様やチェック柄など全体的に柄がある総柄と、小さな柄が散らばって描かれている飛び柄があります。

一方で訪問着や振袖・留袖などは、まるで着物をキャンバスに描いた絵画のように繋がった絵柄になっており、礼装にふさわしい華やかな雰囲気が特長です。

小紋はどこに着ていけるの?

色柄にもよりますが、フォーマルシーン以外であれば基本的に着用可能。

ホテルでの食事やアフタヌーンティー、観劇、美術館、友達との気軽な食事会などで着ることができます。

色の鮮やかなものや大柄なものはカジュアル感が強くなるので、少しかしこまったシーンに着ていく場合は、上品な印象を与える淡い色合いや控えめな柄行のものがおすすめです。

江戸小紋との違いとは?

江戸小紋最大の特長は何といってもその繊細な柄。

小紋より格段に細かい柄が連続しており、遠くから見ると無地に見えるほど。

最近ではプリントものも多いですが、職人による手描きの方が、柔らかく上品なニュアンスを感じられます。

また、江戸小紋の柄は武士の裃を由来としていることもあり、紋を入れればセミフォーマルでも着用可能。

色無地感覚で着ることができます。

シンプルなデザインなので、合わせる帯や小物によって格や印象がガラリと変化。

幅広いシーンで活躍してくれる上に初心者でも帯合わせがしやすいので、1枚持っておくとヘビロテになる着物です。

普段着である小紋でオシャレの幅を広げてみて

色柄豊富な小紋は、帯や小物の合わせ方や着こなしによって多彩な個性を発揮できる着物。

また、江戸小紋もシンプルなので帯合わせがしやすく、また年齢問わず長く着れるというメリットもあります。

ぜひあなたも小紋で着物のオシャレの幅を広げてみてはいかがでしょうか?