【春の着物の装い】コーディネートにおすすめの柄や色とは?

和装の基礎知識

洋服も春物に衣替えするのと同様、着物も春使用にチェンジ!

けれども「どんな着物を着たらいいかわからない!」という方のために、春のコーディネートのコツをまとめてみました!

春に着る着物は袷?単衣?

着物には、裏地がついている袷(あわせ)ついていない単衣(ひとえ)の2種類があります。

一般的には10月~5月は袷6月・9月は単衣となっているため春は袷が基本ですが、最近は暑い日も多いので5月ごろには単衣を着る場合も。

気温や着ていくシーンに合わせて使い分けてみましょう。

春におすすめの着物の色・柄

古来より、日本人はその季節に合った色や柄を取り入れた装いを楽しんできました。

そのため、着物にも季節感を取り入れたデザインのものが数多く見られます。

普段着については特に厳密なルールがあるわけではありませんが、礼装・準礼装を着用するフォーマルなシーンでは、こういった季節を意識した装いが特に好まれます。

春の王道の柄といえば、

桜はさまざまな解釈がありますが、枝や幹などが書かれている写実的なものでなければ、通年柄でもOKとされています。

また、百花の王とも称される牡丹も春の花。

豪華絢爛な印象を与えるので、振袖や訪問着など慶事の礼装に使われることが多く、華やかなシーンにぴったりです。牡丹以外の花も描かれているものであれば、通年使用することもできます。

他にも、桃の花、5月ごろに旬を迎える藤の花杜若(かきつばた)が描かれているものもおすすめです。

ちなみに、基本的に着物も帯も季節を先取りするのがオシャレとされているので、描かれている柄の旬が訪れる1か月ほど前から着始めて大丈夫。

そのため、菖蒲アジサイといった初夏のイメージがある花を5月ごろから取り入れるのもよいでしょう。

色は明るめのカラー

春らしさを出すならパステルカラーくすみカラーがおすすめ。

3月や4月は桃の花や桜を思わせるピンク系、新緑の5月ごろは藤色グリーン系という風に同じ春でも時季で色味をチェンジしてみるのもオシャレです。

小物で春らしさを出すのもアリ

さらに、着物や帯だけでなく、小物で春らしさを出す方法も。

帯や着物はそのままでも、帯揚げや帯締めなどを淡い色味に変えるだけで温かみのある軽やかな雰囲気にチェンジすることができます。

寒暖差があるときは羽織で調整

春は昼間と夜との寒暖差が激しい季節でもあります。

そのため羽織を取り入れて調整するのもおすすめ。

防寒対策になるのはもちろん、着崩れ防止やコーディネートのアクセントにもなります。

着物で春の装いを存分に楽しんで

自他ともに季節の移ろいを感じられる和の装い。

最低限のTPOさえ意識すれば、純粋にファッションを楽しむような感覚でコーディネートすれば問題なし。

ぜひあなたも、春の高揚感を駆り立てるような着物コーデを楽しんでみてはいかがでしょうか?