結婚式に着ていく着物は振袖?訪問着?おすすめのレンタルショップも!

和装の基礎知識

和装はもちろん、洋装でも迷ってしまいがちな結婚式の服装マナー。

親族や友人として参列するときは、どんな着物を着ていけばいいのでしょうか?

今回は結婚式に着ていく着物を、親族と知人&友人の場合に分けてご紹介します!

親族として参列

既婚の場合

既婚女性の第一礼装とされているのが五つ紋がついた黒留

結婚式においては、新郎新婦の母親や祖母、叔母、姉妹などの親族、さらに仲人や夫人といった主役に近しい関係の出席者が着用します。

なお、新郎新婦の姉妹や親族であれば、色留袖でもOK

未婚既婚問わず着用できますが、必ず五つ紋をつけます。

【着物の紋の種類や技法】紋の位置や格の違いとは?
留袖や色無地、訪問着などの礼装には欠かせない紋。紋の位置や種類など、あまりなじみのない紋のあれこれについてご紹介します!

未婚女性の場合

未婚女性の場合は、振袖か五つ紋の色留袖を着用します。

振袖の場合は、過度に華美な装いのものや、花嫁の衣装と被ってしまうものはNGです。
>>『振袖とは?』

友人・知人として参列

親族より格が下がる訪問着がおすすめ。

三つ紋、一つ紋の色留袖でも構わないとする場合もありますが、留袖は親族が着用するものと見なされることが多いので、控えた方が無難です。

未婚女性であれば、親族の場合と同様振袖でもOK。

【フォーマル着物の種類】留袖や訪問着、付け下げの違いとは?
振袖や留袖、訪問着、付け下げなど、フォーマル着物には色々な種類があります。その違いとは?どの着物が一番格が高いの?そんな悩みを解消しましょう!

振袖は何歳まで着れるの?

未婚女性の第一礼装である振袖。

昔は13歳~24歳が適齢などとされてきましたが、最近は年齢ではなく、シンプルに既婚・未婚で区切られることがほとんどです。

シーンに合った装いを心がけて

今回結婚式参列で着用する着物についてご紹介しましたが、あくまで一般的なルール。

親族であれば両家で格差が出ないように、また一般の参列者であれば主役や親族より目立つ装いにならないよう気遣うのが基本です。

また、最近はフォーマルの定義も多様化しているため、上記に沿わない場合も。

ルールに沿うことも大事ですが、そのシーンに合った装いでハレの日をお祝いしましょう!

おすすめのフォーマル着物レンタル3選

結婚式という特別な1日を着物で華やかに楽しみたい。

そんな時に頼りになるレンタルショップをご紹介!

どの店舗も、豊富な品ぞろえとスマホで簡単に予約できる手軽さで評判。

ぜひ参考にしてみてください♪

着物レンタルwargo

京都・大阪・東京など全国に店舗を展開する着物レンタルサービス【きものレンタルwargo】

デザインは王道の古典柄はもちろん、アンティークや作家物など豊富なバリエーションから選ぶことができます。

しかも、WEB決済でなんと2,900円(税抜)~という良心的な価格も見逃せません!

近くに店舗がある方は、直接店頭に行って、実際に着物を手に取って選んでもOKです。

夢館

老舗呉服店が営む着物レンタルのパイオニア的存在の『夢館』

振袖はもちろん、浴衣から婚礼衣装まで幅広いシーンでの着物レンタルを展開しています。

京都にある実店舗には、和裁士をはじめとした国家資格を持つプロが多数在籍しているとのこと。

老舗ならではの確かな実績と信頼で、着物のわからないことにも的確にサポートしてくれる頼もしいショップです。

着物レンタリエ

岩手県一関で九代続く老舗呉服店・髙橋屋が展開する着物レンタルショップ【きものレンタリエ】

訪問着や産着、袴などを貸し出しており、特に振袖の種類が豊富!

振袖一式レンタルで14,500円~、さらに訪問着だと17点フルセットでなんと7,800円~という良心的な価格も魅力です!

サムネイルby: FineGraphicsさんによる写真ACからの写真