和洋ミックスでオシャレに着こなす!裄が短い&着丈が短い着物のアレンジ方法

着物+α

こんにちは、カジュアル着物愛好家・さないです。

リサイクルで買ったものや貰い物の着物の中には、裄や身丈が短くていつもの着付けだとキレイに着れないことってありませんか?

今回はそんな短めの着物をカジュアルシーンでうまく着こなす方法をご紹介します!

アンティーク着物は小さいものが多い

特に裄や身丈の短さが気になるのが、アンティークやリサイクルの着物です。

昔は小柄な方が多かったため、古いものほどサイズが小さめ。

昭和以前のアンティーク着物だと、身丈が150cm以下のものも多くあります。

裄が短い着物のアレンジ方法

襦袢の袖口をアレンジ

裄が短いと、襦袢の袖が着物の袖からはみ出してしまうことも。

そんな時は襦袢の代わりに半襦袢を使うのがおすすめでし。

袖が筒袖になっているので、着物の袖丈や裄丈を気にすることなく着付けすることができます。

半襦袢とは?>>

さらに、より個性的にアレンジしたいときは、襦袢の袖口にレースなどをつけて、あえて着物から見せてしまうのもアリ。

裄の短さをカモフラージュしながらも、オシャレに見せることができます。

ブラウスやパーカーなど洋服を合わせる

着物の下に襦袢ではなく洋服を合わせて、和洋ミックスコーデにする方法も!

色柄もののブラウスやパーカー・ハイネックなどを合わせれば、コーディネートのアクセントにもなります。

着丈が短い着物の上手な着こなし方法

パンプスやブーツを合わせる

草履ではなくブーツやパンプスなどを合わせる場合は、少し短く着つけたほうがバランスよく見えるので、短い着物の着こなしにぴったりです。

靴下の色柄や素材感もコーデのポイントになるので、オシャレのバリエーションも広がるはず。

袴コーデにしてみる

ボトムスに袴を合わせるのも、身丈の短い着物を着こなす方法の一つ。

むしろ袴の場合は着物の丈が短い方が着付けしやすいというメリットもあります。

あえて裾除けをみせる

裾先にプリーツやレースがあしらわれている裾除けを使って、短い着物をおしゃれに着こなすこともできます。

その先駆的なアイテムがミセル裾除けホムシュヘム
色柄も豊富なので、きっと好みの一枚が見つかるはず。
ホムシュヘム公式サイトで詳しく見る>>

また、裾除けではなくロング丈のプリーツスカートで代用するのもOKです。

自由な発想でオシャレ度を底上げして

一見ルールが厳しそうな着物ですが、TPOさえ気を付ければ楽しみ方は自由。

ファッションアイテムの一つとしてさまざまなアレンジを楽しみながら、自分なりのコーディネートを楽しんでみてくださいね♪