草履と下駄の違いとは?履物の知識と使い分け方

小物・羽織もの

着物の履物の定番といえば、草履と下駄。

和装になじみのない方や着物初心者の方にはこの2つの違いは、意外と知られていないかもしれません。

簡単に言うと、草履はフォーマルからカジュアルまで楽しめるものですが、下駄はカジュアルシーン限定のもの。

特に歩くときに音が鳴る下駄は場所を選ぶので、履けるシーンがより限られます。

そんな草履と下駄にはそれぞれいくつか種類があり、ものによって格や足元の印象がガラリと変わります。

それぞれの種類や特徴を把握して、上手に履き分けましょう♪

草履

フォーマルシーンからカジュアルシーンまで楽しむことができる草履。

ただし、台の色やかかとの高さ、素材などによって使えるシーンが異なるので、その場に合ったアイテムを選ぶことがポイントです。

草履の素材

草履の元々の素材は藁(畳表)。

江戸時代より徐々に発達し、明治時代以降に改良されて今の形になったそうです。

現在、多くの草履の芯はコルクでできており、表面は合皮や牛皮が使われています。

草履の使い分け方

台や鼻緒は、色が薄いものほどフォーマルに、濃いものほどカジュアルな印象になります。

また、草履はかかとが高いほど格上に。

さらに金や銀、白の配色のものは、礼装・準礼装のものになります。

留袖・振袖(礼装)の草履

 かかとの高さ 三段重ね以上で、高さが5cm前後のものを。
台の色 淡い色のものが一般的。
鼻緒の色 台の色と同色のものが一般的。佐賀錦など金糸や銀糸が使われた豪華なデザインのものであれば、より格が上がります。

礼装用の草履は、バッグとお揃いがおすすめ(セットで販売されていることがほとんど)。

色については、留袖はゴールドや白ベースのものが基本ですが、振袖は自由です。

訪問着・付け下げ・色無地・小紋など(準礼装)の草履

 かかとの高さ 三段重ね以上で、高さが5cm前後がおすすめ。
台の色 淡い色のものが一般的。台はマットやエナメルなどの布製のものがほとんど。

 マットは着物に幅広く使えます。一方でエナメルはややカジュアルな印象に。

鼻緒の色淡い色合いのものがおすすめ。

 上品ですっきりとした印象に見えます。シンプルな鼻緒のものであればカジュアルで使えるものも。

準礼装には、かかとが高く淡い色合いのものを選びます。

結婚式であれば華やかなものを、入学式や式典などはシンプルものなど、着ていくシーンや合わせる着物によって上手に使い分けましょう。

【フォーマル着物の種類】留袖や訪問着、付け下げの違いとは?
振袖や留袖、訪問着、付け下げなど、フォーマル着物には色々な種類があります。その違いとは?どの着物が一番格が高いの?そんな悩みを解消しましょう!

小紋・紬・木綿など(カジュアル)の草履

 かかとの高さ 好みでOK。
台の色 淡い色は上品に、濃い色だとカジュアルな印象になります。

 台の素材も布や革、爬虫類系などさまざまなので、コーディネートによって個性を楽しんでみましょう。

鼻緒の色濃い色のものであれば、個性的な雰囲気がUP。  足元のアクセントになります。

濃い色の草履はカジュアル向けなので、フォーマルには不向き。

逆に金糸や銀糸が入ったエレガントな礼装用の草履は、カジュアルには不釣り合いなのでNGです。

下駄

浴衣などカジュアル着に合わせる下駄は、なんと古墳時代にはすでにあったとも言われている長い歴史を持つ履物

草履よりも台の形や素材のバリエーションが豊富なので、好みに合わせておしゃれなコーディネートを楽しんでみましょう♪

下駄の素材

下駄の素材は木。

主に桐でできており、その台にさまざまな加工が施されます。

台の形

・舟形(ふながた)
その名の通り、底が船のような形をしたもの。草履のような形なので、きちんとした印象に見えます。

・芳町(よしちょう)
台に2枚の歯がついている駒下駄(こまげた)の一種。

女物の下駄の基本形で、江戸時代から戦前まであった花街・東京日本橋の芳町の芸者が履いていたことが名前の由来となっています。

歩きにくさはありますが、カランコロンと音が鳴り、下駄ならではの粋な雰囲気に。

・右近(うこん)
土踏まずの当たりがくりぬかれた形のもの。

比較的新しい形のもので、底に滑り止めのスポンジが貼られているものが多く見られます。

高さもなく、着地面積も広いのでサンダルのような感覚で履くことができます。

・千両(せんりょう)
前の歯が斜めについているのめりと呼ばれる形のひとつ。

千両役者が好んで履いた形とされているため、この名がついています。

歯が減っていくと右近下駄のような履き心地に。

似たものに、後ろの歯を丸く仕立てた小町(後丸下駄)と呼ばれる台の形もあります。

こちらは後ろの歯が太いので、より安定感が出ます。

他にも、歯を差し替えられる日和下駄や高歯(利休)下駄などといった差し歯の下駄、七五三などでよく使われるぽっくりなどがあります。

主な台の素材

・塗り
木製の台に、黒や朱などの漆を塗ったもの。

漆の面に螺鈿や金箔などを埋め込んだものも見られます。

木目(柾目)を出すために薄く塗料を重ねた捌きや、はけの跡を生かすはけ目などの種類があります。

メリット・汚れが目立たない

 ・水をはじく

・白木
桐の素材を生かして磨き上げ、最もシンプルに仕上げられた台。

サラッとしていて履きやすさはありますが、足の跡が付きやすいので、足袋を着けて履くのもおすすめです。

メリット・吸汗性・吸水性があるので滑りにくい

・焼き
桐台の両面を焼いて、木目の美しさを引き立てたもの。

汚れにくいので、普段履きにぴったりです。

メリット・汚れが目立たない

 ・湿気を含まない

・鎌倉彫り
台に鎌倉彫りを施した高価な下駄。

柄の種類も豊富で、色も基本は一色ですが、中には多彩に塗り分けたものも見られます。

メリット・履き込むほどツヤが出て、風合いが変わる
【浴衣の基本】必要な着付け道具や着付け方法、おすすのレンタルショップも!
気軽に楽しめる和装・浴衣の着付けの仕方や、必要な着付け道具・和装小物をチェック☆文庫結びやパタパタ結び、リボン返しなど帯の結び方のバリエーションやお手入れのやり方、男性浴衣の着付けについてもご紹介するので、早速挑戦してみましょう!

鼻緒

鼻緒の素材や太さ

鼻緒と一言で言っても、素材はさまざま。

また、太さによっても履きやすさや印象が異なります。

<主な素材>
・ホースヘア : 馬の毛で作られたもの
・印伝(いんでん): 漆を型染めしたもの
・本天(ほんてん): 高級ビロード
・罠
・麻

例えば、鼻緒が太いと履き心地はいいですが、太すぎると野暮ったく見えることも。

一方、細いと足の指が痛くなることもありますが、すっきりとした粋な足元に見せることができます。

主な鼻緒の種類

・丸(まる)
1枚の生地を筒状にした鼻緒。丸鼻緒とも呼ばれます。

・福林(ふくりん)
女性物の鼻緒に多い作り。裏地が表地を回り込むように仕立てられており、上から見ると表地の両サイドに裏地が見える形になります。

色合いが豊かに見え、足当たりがよくて歩きやすいのが特長。

・高原(たかはら)
表と裏を別の生地で仕立てた鼻緒。

・二石(にこく)
細めの鼻緒を2本重ねて仕立てたもの。

二層構造になっているため、足の甲にかかる負担が上手く分散されて足が痛くなりにくいというメリットがあります。

草履・下駄のサイズの選び方

できれば、草履や下駄は専門店に行ってオーダーメイドで作ってもらうのがおすすめ。

鼻緒が自分の足に合っていないと、足が痛くなってしまうこともあるからです。

一方、既製品は靴のようにフリーサイズやS、M、Lなどと分かれており、サイズ感が限定されますが、値段も手ごろで気軽に買えるのがメリットです。

かかとは少し出るくらいが◎

鼻緒の調整具合にもよりますが、かかとは台から2cm程度出るのが理想

着姿がキレイに見えるのはもちろん、着物をかかとで巻き込む心配がありません。

ただし、慣れないうちはかかとちょうどのサイズか、少し出るくらいの方が歩きやすいでしょう。

また、小指は少しはみ出てもOK。台の作りから見ても、ややはみ出るのが自然です。

鼻緒を指の奥まで差し込まない

慣れていないとついつい鼻緒をググっと指の奥まで入れてしまいがち。

鼻緒を指先を引っ掛けるような感じでゆったり履くのが正しい履き方です。

足袋は履いた方がいいの?

草履に足袋はマスト

礼装はもちろん、カジュアル着だったとしても、草履を履くときは必ず足袋を合わせましょう。

白の足袋が基本ですが、カジュアルであればシーンや着物に合わせて色や柄の入ったものでもOKです。

一方の下駄は足袋を履かなくてもOKです。

正しく使い分けて足元のオシャレを楽しもう♪

草履と下駄は似て非なる履物。

和装はルールが厳しそうですが、最低限のTPOさえ守ればあとは自由です。

履物の基本をマスターして、ぜひ足元のオシャレもぜひ楽しんでみてください!