スポンサーリンク
お手入れ・HOW TO

雨コートは一部式と二部式どっちがいい?着物の雨の日対策

雨の日でも着物を着てお出かけしたい!そんな時に活躍してくれる雨コートや雨草履、足袋カバーなどお役立ちアイテムをご紹介。さらに、雨の日に
夏の着物・浴衣

【浴衣の基本】必要な着付け道具や着付け方法、おすすのレンタルショップも!

気軽に楽しめる和装・浴衣の着付けの仕方や、必要な着付け道具・和装小物をチェック☆文庫結びやパタパタ結び、リボン返しなど帯の結び方のバリエーションやお手入れのやり方、男性浴衣の着付けについてもご紹介するので、早速挑戦してみましょう!
小物・羽織もの

草履と下駄の違いとは?履物の知識と使い分け方

簡単に言うと、草履はフォーマルからカジュアルまで楽しめるものですが、下駄はカジュアルシーン限定のものになります。草履も色やかかとの高さによって、使えるシーンもさまざま。下駄は、台の形や素材、鼻緒にいろいろな種類があるので、履いていくシーンや好みの履き心地で楽しんでみましょう。
着物の基礎知識

着物の衿には種類があった!?広衿とバチ衿、棒衿の違いとは?

着物の衿には実は種類があるんです。一般的な着物によくみられるのが広衿。そして、浴衣やウールなどのカジュアル着にはバチ衿、男着物や子供用の着物には棒衿がよく使われています。
着物の基礎知識

春・秋に大活躍。単衣の着物とは?おすすめのレンタルショップも!

春や秋に着用する単衣の着物。単衣の着物を着る時季はいつ?合わせる帯はどんなものがいい?など色んな疑問をお持ちの方も多いはず。そんな方のために、単衣着物とはどんな着物なのかをご紹介します!
着物の基礎知識

【着物の紋の種類や技法】紋の位置や格の違いとは?

留袖や色無地、訪問着などの礼装には欠かせない紋。紋の位置や種類など、あまりなじみのない紋のあれこれについてご紹介します!
お手入れ・HOW TO

【動画】袴の着付けのやり方・たたみ方

今では卒業式に着るのが一般的な袴。けれども、最近では袴の色柄のバリエーションも増え、お洒落着として着用する人も増えてきています。 着付け動画も紹介するので、早速着付けを練習して卒業式などフォーマルの場ではもちろん、カジュアル着物としても楽...
小物・羽織もの

帯揚げや帯締め、帯板…。和装小物一覧を大公開!

帯揚げや帯締め、帯留め、足袋、草履などといった和装小物は、まず最初にそろえておきたいところ。それぞれ一体どんな役割を持っているのでしょうか?着付けのやり方や着物のたたみ方も動画でしっかりチェックしておきましょう!
着物の基礎知識

半幅帯と兵児帯の違いとは?基本の結び方もご紹介★

半幅帯とは、袋帯や名古屋帯よりも帯幅が狭く、仕上がりが約半分の15cm程度の帯のこと。浴衣はもちろん、カジュアル着物にも合わせて楽しむことができます。一方の兵児帯は、半幅帯より柔らかくてふんわりとしたシルエットになるのが特長。 絹や木綿、ウール、ポリエステルなどさまざま素材のものがあります。
帯の基礎知識

名古屋帯の種類や合わせる着物とは?

名古屋帯は、カジュアルシーンの定番の帯。柄によってはフォーマルにも着用できるものも。長さは3m60cmで袋帯よりも短く、幅は30cm。お太鼓にすると一重太鼓になります。名古屋帯には、九寸、八寸があり、仕立て方も松葉仕立て、名古屋仕立て、開き仕立て、かがり仕立てがあります。
帯の基礎知識

【保存版】袋帯から名古屋帯、半幅帯まで!帯の種類を一挙大公開

一言で帯といっても、種類はさまざま。一体どのような違いがあるのでしょうか?丸帯、袋帯、京袋帯、名古屋帯、半幅帯・兵児帯について、一挙にご紹介します!
着物の基礎知識

【フォーマル編】着物の種類がわからない!留袖や訪問着、付け下げの違いとは?

振袖や留袖、訪問着、付け下げなど、着物には色々な種類がありますが、イマイチその違いや格がよくわからない…。そんな悩みにこたえるべく、今回はフォーマル着物編として礼装向け着物の一覧をまとめてご紹介します!
小物・羽織もの

着付け小物って何が必要なの?使い方や種類を大公開!

自分で着付けを始めたいけど、何を揃えたらいいのかわからない…。 そんなあなたのために、今回は最初に揃えたい着付け小物についてご紹介!腰紐や襦袢、コーリンベルト、伊達締めや衿芯など。
小物・羽織もの

【羽織っていつ着るの?】コーデのポイントや羽織紐の種類もご紹介!

カーディガンのような感覚で使う防寒具の一つである羽織。色柄が豊富なので、おしゃれアイテムとして楽しむ人も多い和装アイテムです。今回はそんな羽織の基礎知識や羽織紐の種類についてご紹介します! 羽織の歴史 羽織とは、もともとは男性...
小物・羽織もの

長襦袢、二部式襦袢、半襦袢の役割や違いとは?たたみ方もチェック

長襦袢と二部式襦袢、半衿つき半襦袢のうち、どれを選べばいいのでしょうか?その違いについてご紹介します。そもそもの襦袢には、着物の裏の汚れの防止や裾さばきを良くしたり、保温をしたりする役割があります。生地は綸子や縮緬、羽二重、ポリエステルなどで、夏は絽や紗、麻などを用いるのが一般的。
スポンサーリンク
PAGE TOP