【羽織っていつ着るの?】コーデのポイントや羽織紐の種類もご紹介!

小物・羽織もの

こんにちは、カジュアル着物愛好家さないです!

カーディガンのような感覚で使う防寒具の一つである羽織

色柄が豊富なので、おしゃれアイテムとして楽しむ人も多い和装アイテムです。

今回はそんな羽織の基礎知識についてまとめてみました♪

羽織の歴史

羽織とは、もともとは男性が着用するものでした。

けれども、江戸時代に深川芸者が着用し始めたことをきっかけに、女性の間にも広まったと言われています。

その後、一時幕府により女性の羽織が禁じられましたが、明治以降になると女性も自由に着用できるようになったそうです。

夏着物にあわせる羽織や道中着、道行とは?
こんにちは、カジュアル着物愛好家さないです!着物のアウターといえば、道行や道中着、羽織が定番。これらは夏物も販売されているので、夏のファッションアイテムとしても活躍してくれます。今回は、そんな夏向けアウターのメリットや種類をまとめてみまし...

丈の長さで印象も変わる

昔は膝上丈くらいの短い羽織が主流でしたが、最近は膝丈か膝下の長いものも。

短い羽織はややカジュアルに、丈長のものはスッキリとエレガントに見える傾向があります。

柄によってはフォーマル用もあり

通常羽織は、カジュアル着物に合わせるもの。

ただし、絵羽模様や紋付の羽織などは格が高くなるので、その場合はフォーマル着物に合わせます。

【保存版】カジュアル着物の種類とは?おすすめのレンタルショップもご紹介☆
普段着として気軽に楽しめるカジュアル着物。江戸小紋や小紋、ウール、木綿、紬、ポリエステルといった定番のカジュアル着物の特徴やコーディネートのポイントなどを一挙にご紹介します!

袷の着物の時期に活躍

通常羽織は、だいたい10月頃~翌5月、袷の着物を着る時季に着用します。

春・秋に大活躍。単衣の着物とは?おすすめのレンタルショップも!
春や秋に着用する単衣の着物。単衣の着物を着る時季はいつ?合わせる帯はどんなものがいい?など色んな疑問をお持ちの方も多いはず。そんな方のために、単衣着物とはどんな着物なのかをご紹介します!

単衣や薄物に合わせる場合は、レースや紗などの羽織がおすすめです。

室内では脱がなくてもOK

羽織はコートではなく、洋服で言うカーディガンのようなもの。

そのため、必ずしも室内で脱ぐ必要はありませんが、茶室では基本的には脱がなくてはなりません

その他の場合でも、状況に応じて対応するようにしましょう。

羽織と道行、道中着の違いって?着物にあわせたいアウターの基本
洋服同様、着物にも羽織ものと呼ばれるアウターがあります。けれども、種類がいくつもあるので、どれを選べばいいのか迷ってしまうことも多いはず。今回は、そんな羽織ものの基礎知識をご紹介します!羽織もののメリット防寒対策...

個性派を狙うなら柄物を、シンプルにまとめるなら無地感覚のものを

柄によって印象も大きく変わります。

無地感覚のシンプルな羽織は、どんな着物にも合わせやすいので、とりあえず1枚持っておくと便利。

一方の柄物は、カジュアル感が強くなりより個性的な装いになります。

羽裏のおしゃれで粋にキメる!

羽織の裏地のことを羽裏(はうら)と言います。

羽裏は、脱いだ時にチラッと見えるだけですが、だからこそ大胆な柄や模様をあしらって、さり気なく粋な装いを演出できるポイント。

そのため、特に男性物を中心に、表はシンプルで羽裏に凝ったデザインが施されているものも多々見られます。

オシャレのアクセントになる羽織紐

羽織の衿を留める羽織紐も、おしゃれを楽しむポイントのひとつ。

羽織紐には主に3つの種類があります。

紐タイプ

もっとも王道な羽織紐。

色やデザインの違いはもちろん、組紐か丸ぐけかによっても雰囲気が変わってきます。

結び方は、帯締めと同方向に結ぶのが一般的です。

金具タイプ

両端の金具(カニカン)を引っ掛けるだけで着脱できるタイプ。

チェーンやビーズなど種類も豊富。

マグネットタイプ

両端の金具(カニカン)を引っ掛けて、真ん中についたマグネットで左右をくっつけて使うタイプ。

羽織で和装の楽しみを広げて

羽織は和装のスタイルをよりブラッシュアップできるファッションアイテム。

ぜひいつもの着物コーデに羽織も加えて、オシャレに磨きをかけてみてはいかがでしょうか?

Yahoo!ショッピングで羽織を探す>>
Amazonで羽織を探す>>
楽天で羽織を探す>>