浴衣はいつから着てOK?単衣、夏着物の時季もチェック

夏の着物・浴衣

最近は袷や単衣の時期でも、季節外れの暑さを感じることがしばしば。

気温は真夏並みだけど、着物暦的には袷や単衣なんて時期でも、夏着物や浴衣は着てもいいのでしょうか?

そんな夏の着物事情を詳しく紐解いていきます!

そもそもどの時期にどの着物を着るの?

まずは基本的な夏の着物の着用時期をチェックしてみましょう!

ちなみに、浴衣はだいたい7月、8月が目安。

また、基本的に帯は季節を先取りする方がオシャレと見なされているので、夏帯とされる絽や紗を単衣の着物に合わせることもあります。

春・秋に大活躍。単衣の着物とは?おすすめのレンタルショップも!
春や秋に着用する単衣の着物。単衣の着物を着る時季はいつ?合わせる帯はどんなものがいい?など色んな疑問をお持ちの方も多いはず。そんな方のために、単衣着物とはどんな着物なのかをご紹介します!

7月・8月以外に浴衣や夏着物は着てもいいの?

答えは、TPOさえ気をつければ、基本的にはOK!

季節にあったものを着るのが、装いの基本。

例えば、着物において6月頃が単衣、7月8月は薄物とされているのは、もともとその時期の気候にその装いが適していたから。

でも、最近は夏以外でも、30℃前後まで気温が上がる日が増えてきており、もともとのルールが今の気候にマッチしなくなってきています。

そのため、気温の高い時は無理せず、袷の時期でも単衣を着たり、単衣の時期に浴衣を着たりするのも全然アリです。

けれども、気をつけるべきはTPO。

どこに着ていくか、誰と会うかによって、その場に相応しい装いを心がけるのは洋服と一緒。

例えば暑いからといって、フォーマルな場にカジュアル着である浴衣を着ていくのは、相手に対して失礼に当たる場合も。

そのため、着物の格を把握し、TPOをきちんと意識しておくことが大切です。

それ以外のカジュアルシーンでは、気温にあった装いで自由に楽しんでも、基本的に問題はありません。

【夏着物とは?】絽や紗の着物に合わせるおすすめの帯や小物とは?
夏着物は、6月~9月頃に着用する薄手の着物のことで、薄物(うすもの)とも呼ばれています。元々は7月~8月頃が薄物の季節でしたが、最近では暑い日も多いため、6月や9月に着用されることも増えてきました。絽や紗をはじめ、帯であれば羅や紗献上などさまざまな種類があるので、上手く使い分けて楽しみましょう。

春や秋に着れる浴衣も!

最近は、春や秋の暑い時期にも着れるような浴衣も多く登場しています。

あまり夏っぽさを感じさせないデザインや、透け感の少ない素材のものなどを選べば、下に襦袢を着ることで着物として着ることも可能。

シーンや気温に応じて、フレキシブルに使い分けができます。

浴衣を着物風に着る方法はこちらをチェック>>

代表的なものでいえば、東レのセオアルファという素材の浴衣。

透け感がないものの、肌触りが柔らかく、通気性も抜群。洗濯機で洗えるうえ、シワにもなりにくいので、お手入れも簡単です。

さらに、プリントならではの鮮やかな発色やデザインのバリエーションが幅広いという特長もただし、柔らかくてすべりやすい素材なので、初心者さんは着付けが少し難しいかもしれません。

【浴衣の基本】必要な着付け道具や着付け方法、おすすのレンタルショップも!
気軽に楽しめる和装・浴衣の着付けの仕方や、必要な着付け道具・和装小物をチェック☆文庫結びやパタパタ結び、リボン返しなど帯の結び方のバリエーションやお手入れのやり方、男性浴衣の着付けについてもご紹介するので、早速挑戦してみましょう!

おすすめのレンタルショップ

浴衣を着たいけど、「自分で着付けができない」「お手入れや管理が難しそう」という方も少なくないはず。そんな時は、レンタルで楽しむのも一つの手。

リーズナブルなお値段かつ、たくさんのラインナップの中から選べるので、気負うことなく存分に着物コーデを楽しめます♪

スマホで簡単に予約できるので、ぜひ活用してみては?

着物レンタルwargo

京都・大阪・東京など全国に店舗を展開する着物レンタルサービス『wargo』

デザインは王道の古典柄はもちろん、アンティークや作家物など豊富なバリエーションから選ぶことができます。

しかも、WEB決済でなんと2,900円(税抜)~という良心的な価格も見逃せません!近くに店舗がある方は、直接店頭に行って、実際に着物を手に取って選んでもOKです。

公式サイトで詳しく見る>>【きものレンタルwargo】