スポンサーリンク


寒い冬も着物でオシャレに★着物の防寒対策5選

これからの季節、着物でも防寒対策はマスト。

アウターや和装用の防寒小物などを取り入れて、寒い季節でもオシャレな着物ファッションを楽しみましょう!

アウターで防寒対策!

和装にも色んなアウターがあるんです。

カーディガン感覚で着れる羽織、フォーマルでも着用できる道行、さらに真冬には和装用のコートやケープ、ポンチョなどがあります。

これらは単に防寒対策というだけでなく、洋服と同様コーディネートの楽しみも。

特に羽織は色柄のバリエーションが豊富なので、着物にあわせて個性を発揮できます。

洋服同様、着物にも羽織ものと呼ばれるアウターがあります。 けれども、種類がいくつもあるので、どれを選べばいいのか迷ってしまうことも...

防寒用の和装小物を取り入れる

足袋や裾除けなど、いつも使ってる和装小物にも、防寒仕様になっているものがあるんです!

例えばこちらは、見た目もかわいいふわモコなキャラコ足袋。



暖かさはもちろん、クッション性もあるので、履いた時の心地よさは感涙もの。

このように、防寒用の和装小物にチェンジするだけでもグッと寒さが和らぐはずです。

「ゑびす足袋」ふわモコキャラコ足袋の情報をもっと見る⇒

防寒和装アイテムをもっと見る⇒

洋装用のストールやマフラーを使ってもOK

和装用のものもありますが、基本的にストールやマフラー、手袋などといった小物系は和洋兼用でも問題ありません。

気温に応じてコートや羽織とも組み合わせながら、オシャレを楽しんで♪

インナーウェアで寒さをしのぐ!

さらに、ヒートテックなど保温・防寒機能のあるインナーウェアを着るのもおすすめ。

肌襦袢代わりに着用すれば、ポカポカに。ただし、途中で暑くなってしまった時に簡単に脱ぐことができないので、ご注意を。

カイロを忍ばせる

定番ですが、やっぱりカイロは寒い季節の必需品。襦袢などインナーに貼るカイロを貼り付けてもいいですが、途中で外せなかったり、帯を巻いた時に違和感を感じることも。

そのため、帯の間などに忍ばせておくのがおすすめです。