【夏着物とは?】絽や紗の着物に合わせるおすすめの帯や小物とは?

夏の着物・浴衣

着物初心者さんの場合、夏は浴衣のイメージはあるけど、着物ってどんなものがあるのか全然わからないという人も多いはず。

着物って夏はどんな着物を着ればいいの?
夏用の着物を着る時期とか、素材とか全くわからないんですが…

サクライ
サクライ

確かになじみがないと難しいですよね。
では今回は夏の着物の基本を一通りお伝えしますね!

ということで、今回は夏着物の基礎知識について詳しくご紹介します!

夏着物とは?

夏着物は、6月~9月頃に着用する薄手の着物のことで、薄物(うすもの)とも呼ばれています。

元々は7月~8月頃が薄物の季節でしたが、最近では暑い日も多いため、6月や9月に着用されることも増えてきました。

さまざまな種類があるので、透け感や生地の厚み、色柄に応じてうまく使い分けて楽しむことができます。

<着用時期の目安>

>>単衣の着物についてはこちら
>>浴衣についてはこちら

夏着物の素材

絽(ろ)

通気性が良くてサラッとした着心地の絽は、小さな穴が並んだ絽目が特徴。

絽目が横に並んだ横絽(よころ)が一般的ですが、縦に並んだ竪絽(たてろ)もあり、こちらの方が透け感が少なくなります。

素材は正絹やポリエステル。

紗(しゃ)

繊細なメッシュのような生地で、透け感が強いため主に盛夏(7~8月)向け

地紋が入ったものは紋紗と呼ばれます。

紗合わせ

単衣と薄物の間の時期(6月と9月)に着る着物のこと。

紗などの薄物を2枚重ねたもので、絽の生地の上に紗が重なっているものが多く見られます。

最近ではもう少し時期に幅を持たせ、単衣に準する着物として扱われることも。

ちなみに、紗が2枚重なっているものは紗無双と呼ばれます。

麻(あさ)

程よいコシがあり、肌触りも良い夏の定番素材。

吸水性が高いので、汗をかいてもサラッとした着心地を保てます。

高い吸湿性・放湿性を持っているのが竹。清涼感があり、また抗菌・防臭効果もあるので、カビやニオイに強いのも良いところです。

夏着物のお手入れ

ポリエステルや竹、麻は自宅での洗濯が可能。

ただし、麻は毛羽立ったり縮んだりしてしまうことも。

正絹は自宅での洗濯は不可。

そのままにしておくと汗で黄変ができてしまうので、シーズンが終わったら汗抜きに出すようにしましょう。

【着物や帯のお手入れ方法】虫干しのタイミングや保管の仕方とは?
「着物は洗濯機で洗えるの?」 「保管するときは防虫剤入れてもいい?」 「虫干しってした方がいいの?」 などなど、着物初心者さんを悩ませる着物や帯のお手入れや保管方法。 良い状態で長持ちさせるためにも、今一度確認しておきましょう!

夏帯

夏の着物には、同じく透け感のある涼やかな夏帯を合わせます。

絽目が入った上品な雰囲気の帯。

織りのもので、かつ袋帯であれば訪問着にも合わせられます。

塩瀬地に絽目を通した染めの絽塩瀬は、主に名古屋帯に使われるもので小紋などのおしゃれ着にぴったり。

さらに、つづれ地に絽目(横絽)を通した絽綴れと呼ばれるものも。礼装からおしゃれ着まで幅広く使うことができます。

帯芯が透けて見える涼し気な帯。柄は織りで表現されています。袋帯であれば小紋訪問着に合わせます。

他にも、紗紬紗献上と呼ばれるものも。

紗紬は紬風の織りの帯で、主に織りの着物に合わせます。

紗献上は、紗で作られた博多献上のこと。

博多帯自体が年中使える帯ですが、紗であればより涼し気な着姿を楽しむことができます。

羅(ら)

粗い目でざっくりとした軽やかさが特徴の織り帯。

カジュアル感が強いものになりますが、幾何学模様のような独特な織りは通気性にも富んでいて、着心地も◎。

【生地の種類について】染めや織りの着物とは?
着物というと「絹」のイメージが強いかもしれませんが、実はその素材はさまざま。木綿や麻、ポリエステルなどの素材があり、シーンや季節によって使い分けが必要です。また、染めや織りといった技法によっても格が異なります。まずは着物の生地や技法の違いをしっかりチェックしておきましょう!

素朴で優しい雰囲気が魅力の素材。通気性や吸湿性に優れ、浴衣用の着物地や帯の素材としてもよく使われています。

パリッとした硬めの質感なので、お太鼓など帯の形もキレイに仕上げやすいのも良いところ。

夏の小物

和装小物や着付け小物は、通年使えるものもありますが、半衿や帯揚げなど、外から見える小物については、夏物を使いましょう。

見た目も涼し気な上、夏着物や夏帯とも色や素材感がマッチしやすくなります。

帯揚げや帯締め、帯板…。和装小物一覧を大公開!
帯揚げや帯締め、帯留め、足袋、草履などといった和装小物は、まず最初にそろえておきたいところ。それぞれ一体どんな役割を持っているのでしょうか?着付けのやり方や着物のたたみ方も動画でしっかりチェックしておきましょう!

半衿

夏は絽の半衿が一般的。素材は正絹やポリエステル、麻などがあります。

帯揚げ

夏用の帯揚げは、ほとんどが絽か紗。正絹やポリエステルなどの素材があります。

帯締め

基本的には通年同じものでOKですが、夏用としてレース編みのものも

ざっくりとした粗めの編み方なので、軽やかですっきりとした雰囲気になります。

また、帯留めを合わせる場合も、透明感のあるガラス素材のものや、涼し気な色合いを使ったり夏モチーフのデザインのものをを選んだりすると、より季節感が出せます。

足袋

足袋も基本的には通年同じものでも構いませんが、夏用にレースや麻素材のものも。

見た目も着心地も涼し気になります。

夏着物にあわせる羽織や道中着、道行とは?
着物のアウターといえば、道行や道中着、羽織が定番。 これらは必ずしも防寒目的のみというわけではないので、夏物も販売されており、盛夏のファッションアイテムとしても活躍してくれます。 今回は、そんな夏向けアウターについてたっぷり...
サクライ
サクライ

夏着物は、袷や単衣の着物とは違った風合いを楽しめる着物。

暑い夏も涼やかな装いで和装を楽しんでくださいね!