スポンサーリンク


帯揚げや足袋の洗い方は?着付け小物・和装小物のお手入れ方法

今回は、着物を着た後の小物のお手入れ方法をご紹介!

「帯揚げや帯締め、足袋などは洗濯できる?」

「汚れたときはどうすればいい?」

など、お手入れのイロハをチェックして、大切な小物をキレイな状態で長持ちさせましょう♪

▼着物と帯のお手入れについてはコチラ▼

「着物は洗濯機で洗えるの?」 「保管するときは防虫剤入れてもいい?」 「虫干しってした方がいいの?」 などなど、着物初...

半衿

頻繁に着る人は、毎回洗わなくてもOK。数回着用した後や、汚れが気になった時に洗濯しましょう。長時間着ない時は、半衿を襦袢から外して洗います。

厄介な着物についたシミや汚れ。 「お茶やコーヒーをこぼしてしまった!」 「ボールペンのインクがついちゃった!」 など、着物をついつ...

正絹半衿を洗う場合

正絹は縮んでしまう場合があるので、洗うときは専門業者に依頼するようにしましょう。特に縮緬や、金糸銀糸、箔がついたものは自宅での洗濯はNG。ただし、シンプルな塩瀬の半衿なら自宅で手洗いも可。

<自宅での洗い方>

  1. おしゃれ着用洗剤を溶かした水に一晩浸す。お湯を使うと縮んでしまうので、必ず水を使いましょう。
  2. 石鹸をつけた歯ブラシなどで、布目に沿ってやさしくこすり洗いをする。
  3. 流水で洗剤を洗い流す。この時も、必ずお湯ではなく水を使用。
  4. 水が切れる程度に軽く絞って、日陰干しする。
  5. 半乾きの状態で当て布をし、低温に設定したアイロンをかける。少し湿った状態でアイロンをかける方が、水分がスチームの役割を果たしてくれるので、キレイにシワを伸ばせます。

洗える素材の半衿の場合

ポリエステルや木綿など、洗える半衿は、ネットに入れて洗濯機で洗ってOK。ただし、脱水はシワの原因になるので、手で絞るのがおすすめです。干す時は、日陰干しにしましょう。

帯締め

解いた直後は湿気を含んでいるため、半日ほど陰干ししておきましょう。

また、房の部分が毛羽立っているときは、アイロンややかんなどの蒸気を当てるとまとまりやすくなります。使用しない時は房カバーをつけておくと、キレイな状態で保管できます。

帯揚げ

外したら、半日ほど陰干しにして湿気を飛ばします。ポリエステルなど洗える素材であれば洗濯してもOKですが、帯揚げは基本的に洗濯はしません。

シワが気になる時は、当て布をして、裏から低温に設定したアイロンをかけます。金糸が入っている場合は、その部分は避けるようにしましょう。

足袋

脱いだらその日のうちに洗濯するのがおすすめ。汚れがひどい時は、洗剤をつけた歯ブラシでこすったり、脱いですぐに水に浸けて一晩おいたりすると、落ちやすくなります。その後洗濯機で洗います。

ちなみに綿100%の足袋の場合は縮みやすくなるため、洗濯後はしっかり生地を伸ばして干すようにしましょう。

汚れ防止のために、出かける時はあらかじめ足袋カバーをしておくのも◎。

肌襦袢・裾よけ

たたんでネットに入れて、洗濯します。シワが気になる部分は、アイロンをかけてOK。ただし、裾よけのスカート部分だけは当て布をしてからアイロンをかけましょう。

草履・下駄

脱いだ後、すぐに箱にしまうのはNG。湿気を飛ばすため、風通しのいい場所に一晩立てかけておきましょう。台は濡らした布でサッと拭いておきます。保管するときは、鼻緒キーパーを使うと、鼻緒の形をキレイな状態でキープできます。

保管するときに新聞紙やビニール袋に入れないように気をつけましょう。時間が経つと、色移りしたりくっついたりする場合があります。

また、長期間使わない場合は、年に1~2回ほど通気性がいい場所で干しておくのがおすすめです。着物の虫干しのタイミングとあわせて行ってもいいかもしれません。

>>虫干しとは?

着付け小物

着付け小物も毎回洗う必要はありません。腰紐、伊達締め、帯枕は脱いだ後半日ほど陰干ししておきましょう。

自分で着付けを始めたいけど、何を揃えたらいいのかわからない…。 そんなあなたのために、今回は最初に揃えたい着付け小物についてご紹介...