【色無地】使い勝手抜群の万能着物。着ていくシーンや合わせる帯とは?

着物の基礎知識

幅広いシーンで使えると重宝される色無地

けれども、紋の数や合わせる帯によって格がガラリと変わるので、どんなシーンでどのように着ればいいのか迷うことも。

今回は、そんな色無地のHOW TOについてご紹介します!

色無地とは?

色無地とは、黒以外で染められた一色染めの着物のこと

同色の裾ぼかしも色無地の一種です。

合わせる帯や小物によって格や雰囲気を自在に変えることができ、また年齢問わず長く着やすいという魅力があります。

【フォーマル着物の種類】留袖や訪問着、付け下げの違いとは?
振袖や留袖、訪問着、付け下げなど、フォーマル着物には色々な種類があります。その違いとは?どの着物が一番格が高いの?そんな悩みを解消しましょう!

色無地の素材

主流は正絹

柔らかな肌触りで着心地がよく、美しく上品な着姿を楽しめます。

他には、ポリエステルなど化繊のものもあり、こちらは洗濯機で洗えてお手入れも簡単なので、初心者さんにもおすすめです。

色無地の種類と格

無地一色染めの色無地ですが、実は生地自体に柄が施されているものがあります。

この柄を地紋といいます。

地紋が入っていないものに比べると、印象は華やかに。

さらに、金糸や銀糸が使われている縫取り縮緬の色無地になると、さらに豪華な雰囲気になるので、結婚式など慶事の場におすすめです。

紋は一つ紋が主流

紋を入れる場合は、三つ紋、もしくは一つ紋。

最近は三つ紋を入れる機会が少なくなり、一つ紋が主流になっています。

【着物の紋の種類や技法】紋の位置や格の違いとは?
留袖や色無地、訪問着などの礼装には欠かせない紋。紋の位置や種類など、あまりなじみのない紋のあれこれについてご紹介します!

色無地を着ていく場所

色無地は、フォーマルからカジュアルまで幅広く楽しめるのがメリットです。

結婚式に着ていく場合

親族として参加する場合は、黒留袖、色留袖、振袖といった第一礼装が一般的です。

二次会やカジュアルウエディングなどであれば、一つ紋以上の色無地でもよいでしょう。

友人として披露宴に参加する場合は、一つ紋以上の色無地であればOKです。

ただし、最近は結婚式のスタイルもさまざまで一概に言えないこともあります。

その式の格式や参列者の雰囲気に合った装いを心がけるようにしましょう。

結婚式に着ていく着物は振袖?訪問着?おすすめのレンタルショップも!
結婚式の着物は訪問着、振袖どれで行けばいいの?また、振袖は何歳まで着れるの?など、フォーマルな場での着物のアレコレをご紹介。おすすめのWEBで予約できる着物レンタルショップもチェックできます★

入学式や七五三

親として参加する入学式や七五三、お宮参りなどの時に着用する際は、結婚式よりは少し控えめなコーディネートが無難。

帯も金糸銀糸が入った袋帯が基本ですが、あまり華やか過ぎないあっさりとしたデザインのものがいいでしょう。

また紋は三つ紋以上だと格が高過ぎてしまうので、一つ紋もしくは紋なしでも大丈夫です。

七五三って子供はどんな着物を着るの?おすすめのレンタルサイトとは?
七五三で着る子供の着物はもちろん、親もどんな着物を着ていいか迷ってしまうこともあるはず。今回は七五三の着物のマナーとおすすめのレンタルショップをご紹介します!

パーティーや観劇、目上の方との食事会など

少しオシャレして臨むようなパーティーや観劇、初釜、目上の方との食事会など、礼装まではいかないものの、ある程度服装をわきまえた方がよいシーンでも、色無地は活躍してくれます。

パーティーなど少し華やかな場であれば、縫いの一つ紋、もしくは紋なしで、金銀糸が入った華やかな袋帯、もしくは名古屋帯を合わせるといいでしょう。


もう少しカジュアルな観劇や食事会は、紋なしの色無地に華やかな名古屋帯などでOKです。

【保存版】袋帯から名古屋帯、半幅帯まで!帯の種類を一挙大公開
一言で帯といっても、種類はさまざま。一体どのような違いがあるのでしょうか?丸帯、袋帯、京袋帯、名古屋帯、半幅帯・兵児帯について、一挙にご紹介します!

美術館や友人との食事、ショッピングなど

目上の方など立てる人がいない気軽なシーンでは、基本的に自分の好きなような装いでOK。

金糸銀糸の入っていない名古屋帯、洒落袋帯、京袋帯などを合わせてカジュアルに。

喪服にも使える

慶事の時は、明るい色合いの色無地が好まれますが、弔事の際は「紫」「緑」「藍」「鼠(ねずみ)」系などのシックなものを。

慶弔両用で使いたい場合は、弔事も使えるようなシックな色合いに加えて、地紋も「流水文」「紗綾形文」「網代文」「雲文」「波文」など有職文様のものを選ぶといいでしょう。

【着物の礼装】喪服の知識やマナー&おすすめのレンタルサイトとは?
和装の喪服を着る時のルールは?また、急な弔事でもWEB予約しやすいおすすめの喪服レンタルショップもご紹介します!

あわせる小物

フォーマル&セミフォーマルシーン

結婚式や格の高いパーティー、七五三や入学式などの場合。

長襦袢白、もしくは淡い色のもの。
半衿白。セミフォーマルであれば刺繍ありも可
伊達衿つけてもOK
帯揚げ・帯締め淡い色のものを
足袋
草履淡い色でかかとが高いものを

カジュアルシーン

長襦袢白、もしくは淡い色のもの。木綿などカジュアルテイストなものであれば濃い色のものでも可。
半衿白や淡い色、カジュアルテイストの色無地であれば濃い色柄ものでも可。
帯揚げ・帯締め好きなものでOK
足袋基本的には白。カジュアルテイストの色無地であれば、色柄ものでも可。
草履基本的には草履。カジュアルテイストのものであれば、足袋+下駄なども可。

色無地を選ぶ時のポイント

色無地は、一色染めであるが故に、顔映りの良し悪しがでやすいもの。

そのため、実際に一度合わせてみて、色合いが自分に合っているかどうか確認してから購入するのがおすすめです。

まとめ

色無地は、フォーマルからカジュアルまで幅広く活用できる万能な着物。

用途に合わせて自分にぴったりのものをセレクトして、ぜひ色無地の世界を楽しんでみてください!