スポンサーリンク


雨の日でも着物を楽しみたい!雨対策とおすすめ小物

「雨の日でも着物でお出かけをしたい!」
でも、大切な着物が雨で濡れてしまうのは避けたいところ。そんな悪天候時に活躍してくれるのが、雨コートや雨草履などといった雨対策用の小物たち。
正しく取り入れて、天候問わず和装を楽しみましょう!

雨コート

着物の上から着る雨用のコート。着物がすっぽり隠れるくらいの長い丈で、素材はポリエステルなどの化繊が一般的です。一枚で着れる一部式と、上下に分かれている二部式の二種類があるので、好みに応じて選んでみましょう。

一部式雨コート

上下が繋がっている雨コート。脱ぎ着しやすく、着姿もスッキリ見せることができます。ただし、既製品の場合は身長によってぴったりの丈の長さを見つけるのが難しいことも。

二部式コート

上下に分かれているタイプの雨コート。やや腰回りがもたつきますが、丈の調整がきくので身長問わず使うことができます。雨の日以外でも、上だけを羽織って塵よけコートとして使ってもOK。

厄介な着物についたシミや汚れ。 「お茶やコーヒーをこぼしてしまった!」 「ボールペンのインクがついちゃった!」 など、着物をついつ...

雨の日の履物

雨草履

雨の日の草履は、雨草履と呼ばれるゴムで覆われたものを使うのがおすすめ。ウレタンや合皮エナメルなど撥水素材で作られた草履なので、水が浸みてきません。

下駄+爪皮

下駄の場合、爪皮(つまかわ)と呼ばれるカバーを使うのが一般的。塗りの二枚歯の下駄先に爪皮をかけて、足袋が濡れたり汚れたりするのを防ぎます。

ただし、二枚歯の下駄なので慣れないうちは歩きにくかったり、草履に履き替える必要があったりすることも。

草履と下駄の違いとは? 着物の履物の定番といえば、草履と下駄。着物になじみのない方や着物初心者の方にはこの2つの違いは、意外と知ら...

雨の日の着物

雨コートを上に着る時

上に雨コートを着るときは、少し裾を捲っておくといいでしょう。裾は膝辺りから織りあげて、帯に挟んだり、クリップや腰ひもで留めておくと安心です。

水に強い素材の着物を選ぶ

着物の素材の定番である正絹は水に弱く、シミになりやすいという弱点があります。もちろん雨コートなどでしっかり防げば問題ありませんが、心配なときは雨に強い素材の着物を選ぶといいでしょう。

最もおすすめなのは、ポリエステル。水に強く、汚れた場合でも洗濯機で洗えるのでお手入れが簡単です。
また、絹の中でも水に強いのが大島紬。防水加工を施して、雨コートとして仕立てる場合もあり、雨の日でも楽しみやすい素材です。

着物というと「絹」のイメージが強いかもしれませんが、実はその素材はさまざま。木綿や麻、ポリエステルなどたくさんの種類があり、シーンや季節...

防水加工をしておくのもおすすめ

雨だけでなく、食べ物や飲み物をこぼしてしまったときの対策として、あらかじめ着物に防水加工を施しておくのもいいでしょう。
着物を特殊技術でコーティングすることで、汚れやカビ、シミなどから守ってくれます。ただし加工することで、着物によっては独特の風合いが失われる場合も。加工の特性や価格などは業者により異なるので、しっかりチェックしておきましょう。

「着物は洗濯機で洗えるの?」 「保管するときは防虫剤入れてもいい?」 「虫干しってした方がいいの?」 などなど、着物初...

揃えておきたい小物

足袋カバー

足袋の上から履いて汚れから守ってくれる足袋カバーを使うのもおすすめ。足袋も念のため撥水加工が施されているものを選ぶといいでしょう。

草履カバー

急な雨で雨草履を履いていなかったときでも役に立つのが、草履カバー。
草履の上からそのまま履ける透明のカバーなので、雨でもお気に入りの草履を履きたいという時にもぴったりです。

便利な小物の宝庫★おすすめのネットショップ

雨対策に必要なアイテムをもっとチェックしたいという方は、着物好き御用達の雑誌『七緒』の公式オンラインショップがおすすめ!着物や帯、和装小物のほか、あったら便利なアイテムが目白押しなので、ぜひ覗いてみてください♪

公式サイトで詳しく見る>>こまものや七緒 オンラインショップ – 着物からはじまる暮らし –